Yahoo! JAPAN



建物構造が住みごこちを左右する

住まいにとって建物は非常に大きな要素です。

昔不動産関係の仕事をしていたときに、数多くの建物を見ました。
この住まいにたった二人だけで暮らすなんて贅沢極まりないという家も結構多かったです。
また、賃貸物件も数多く見てきました、不動産の金額は、土地の広さと、建物の築年数で決まります。
もう一つ大きな要素になるのが、物件が建っている場所です。
この地域の価格が一番大きいといえます。
やはり高級住宅街と呼ばれる所は、その地域内であればすべて同じ様な価格で販売されます。
また、地域毎に決定事項が有り、販売するときもこれ以上の大きさ以下には切れないというような取り決めがあるのです。
そのため、小さな物件が多数建つ形にはなりません。大きな家が多いところは、そのような基準がきっちりと設けられているのです。
もちろん、外観も結構制限が有り、中々思い通りの家を建てることは難しいと言えます。
我が家が建っている地域などは、そんな取り決めは無いので、全く気にせず家が建っている感じです。
そのため、価格もそれほど変わらずに販売されています。


バブルの頃に売っておけば良かったと今更ながら思ってしまいます。
売る機会はあったのですが、知り合いの不動産屋に止められてしまったのです。
あのときに売っておけばかなり利益を上がられたはずです。
その不動産屋を見る目が無かったと言えます。
不動産は人生の中で一番多きな買い物になるので、慎重に考えないと行けません。建物も、良い木材を使っていたり、デザイナーが建てた建物など、価格は変わってきます。

しかし、実際にその家に住んでみないことには分からない部分も多いのです。
オシャレな建物ほど住みにくいことも多いようです。
家族の人数を考えて、十分と言える大きさの家を構えるのが一番良いと思います。
それ以上の家を持っていても、結局は使わない部屋が多く出来てしまうだけです。
それに掃除も大変です。
掃除は毎日のことなので、疎かにするわけには行けません。かといってお手伝いさんが雇えるのなら問題はありませんが、そんな家庭も少ないはずです。

Recommend

Copyright (C)2014建物構造が住みごこちを左右する.All rights reserved.